ノダッコデイズ vol.2

がんばるぞ!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
impressionism
1860年前後よりフランスで起こった美術の運動。
ボードレールの「モデルニテは移ろいやすいもの、消えやすいもの、偶然的なもの…」という有名な言葉があるように、
歴史画や神話画といった「過去」の出来事を描き出すのではなく、
急激に変化し始めていた新しい都市生活に強い関心を示し始める画家が登場する。
こうした点で、クールベのレアリスムやバルビゾン派の描き出す農村風景といった
目の前の風景に光を当てて行く、という流れが繋がる。
ナポレオン3世が指揮を執る第2帝政期にあたる。

マネは1863年に《草上の昼食》《オランピア》を発表。
従来の会が表現では、人物は画面からくっきりと浮かび上がるよう輪郭線を明確にし、筆跡を残さない精緻な描き方をすることがクリシェであったが、
マネは奥行きを感じさせない絵画空間と、のっぺりとした肉付けによって裸婦像を描く。
こうした「理想化」をされていない、生身の人体表現はセンセーショナルであった。

モネは、第2帝政の都市開発によって生じた新しい生活スタイルを
屋外の光あふれる自然の中で描き出す。
その際、瞬時に移り行く時の流れ、光の色を表現するために
筆触分割という手法を用いて着色をする。
また、ものの固有色にとらわれない色彩をちりばめることにより、
モネが描く絵からは、当時彼が実際に見ていた光の色、風のそよぎ、森や草の音や水の揺らぎを感じることが出来る。
1874年、サロンの落選者を集めた「第一回印象派展」に《日の出 印象》を出品。当時最も評価されていたアカデミックな絵画とは全く異なる表現の可能性を打ち立てる。
1880年代以降は「積み荷」などの連作に取りかかり、1890年代からは「睡蓮」の連絡によって絵を描く対象が光と水の反映の中溶け合う様を描く。

最も印象派的と言える画家のルノワールの初期の絵画は、
明るい日差しの中で楽しそうに談笑する人々の姿や、木漏れ日の光に溶け込んでしまうかのような裸婦を目にすることが出来る。
しかし、ものの輪郭をぼやかしてしまうこうした表現方法に疑問を持ったルノワールは、アングルの新古典主義を勉強し、明確な輪郭線や冷たい色彩によって新たな人物像を描き出そうと苦心する。

パリ生まれのドガは、画業の初期にアカデミーで古典主義を徹底的に学ぶ。その結果得られた卓越したデッサン力は、印象派的な主題・表現を試み始めた後にも大きく活かされる。
筆触分割をほとんど用いず、都会の夜の表情を人工的な光の中で生き生きと描き出す。
見たままの瞬間を切り取るという鋭い目線と卓越した画面構成力・デッサン力によって、
ダンサーの一瞬の動き、都会で暮らす人々の刹那の表情を画面の中におさめる。
中期から晩年にかけて、デッサンと着色が同時に可能であるパステルを使用して多くの作品を残す。
1888年のポータブルカメラ発明以降、写真というメディアにいち早く興味を示し、
多重露光などで明暗表現の実験を試みる。

art | 15:03 | comments(0) | -
Pre-Raphaelite Brotherhood
ラファエル前派

ヴィクトリア女王(1837-1901)時代に起こった芸術運動。
パックス・ブリタニカのイギリスにおける貧富の差や産業革命による都市の変化、
1848年の2月革命の余波が背景にある。
保守的なアカデミーが規範としていたラファエル以前の芸術表現に戻る
という理想を掲げたイギリス版レアリスムだが、
写実的な描写によって現実を描くのではなく、理想の世界・物語を描き上げる点で
フランスにおけるレアリスムとは異なる。
また、19世紀ギリシャからイギリスへ渡ったエルギン・マーブルの影響もあり、
古代ギリシア美術を官能的・甘美な理想美として解釈し、
神話がではなく風俗画によって表現しなおす傾向もある。
当時イギリスに留学していた夏目漱石はラファエル前派の美術作品に大きな影響を受ける。
例えば『草枕』における「オフィーリア」、『薤露行』の「王女グヴィネア」。

と言われているが、ラファエル前派が描き出す人物像は全く写実的だとは思えない。というよりも、下手だと言わざるを得ない。女性たちの姿も、画家の(社会の?)理想の中の女性像だと解釈すれば、その血の通っていない肌の色や空虚な瞳、あるいは意思の強すぎる瞳と豊満な身体は理解できるだろう。
こうした人物描写に加え、見えるものを全て性格に描写しようとする粘着質さや色彩の不必要なまでの鮮やかからは、陰鬱的な雰囲気さえ感じる。太陽の光や穏やかな農村風景を描いたバルビゾン派と比べてみると、その陰気さが際立つ。しかし、彼らの絵には見るものを絵の世界へ誘う何らかの力が備わっている。これこそが、イギリスの芸術における物語性なのかもしれない。絵の中の人物や景色は、あきらかに何かの場面であり、鑑賞者は言葉のない絵の世界から物語を紡ぎだすことが出来る。
art | 21:26 | comments(0) | -
some movies that i saw these days
THE FUTURE / Miranda July

ガーリーな予告やポスターにだまされた。
救いようのない話。
だけど誰かを思いやりたいのに自分のことに精一杯になり取り返しのつかないことをしてしまったり、
不満のない生活が不満になって自分自身で敢えて日常をぶち壊し
どんどん生きにくくしてしまう衝動はとても共感できるところがありました。


De Rouille et d'Os / Jacques Audiard

マリオン・コティヤールもすばらしいんだけど、
彼女ひとりが主人公な訳ではない。
どちらかと言うとマティアス・スーナールツの本当にどうしょうもない父親・男っぷりが映画の肝で、
このふたりの馬鹿な大人を子供の目線で見る,という映画。
いかにも感動を誘うシーンで敢えてださい音楽を使うところが粋だった。
そして光や陰、水の反映が沢山出てくるんだけど、
叙情的になりすぎていないところも素敵。
この光の使い方が巧みなおかげか、
暗い話にも関わらず見終わった後は清々しい余韻が残る。
物語の節々には飛躍があって登場人物にも全く共感できないんだけれど、
とてもいい映画でした。

movie | 00:54 | comments(0) | -
20130418
衝動買いしたもの


music | 11:06 | comments(0) | -
螺旋海岸
弾丸で志賀理江子さんの展覧会「螺旋海岸」を見てきました。

周りの人の評判がものすごく良くて、実際どんなもんかと気になって新幹線にライド・オン。
結果、正直に言うと無邪気に「良かった!」とは言えませんでした。
その理由を考えてみると、おそらく入った瞬間目の前に現れたのが後ろ向きになった大量のパネルだったことが大きいのかもしれません。
あと、写真の貼りが荒かったこと。
すべて震災を想起させるよう、恣意的に展示しているんだと思いますが、
気になってしまった。

とはいえ、新幹線代を払った価値は非常にあって、
あんな身体的な写真展、私は初めていきました。
志賀さんの写真は人間の悲しみや業、醜さや一瞬だけの美しさが凝縮されているようで、
正直ちょっと怖い。
浮世離れしているようで、本当の世界の様相は、こうした姿をしているのではないかと思えてきます。
等身大に引き伸ばされた写真の群れ(「群れ」と言えると思う)に向き合い、間をくぐり抜けていくと、
気がついたら作家の頭の中に迷い込んだ感覚に襲われました。
写真家はイメージが勝負だと思っていたけど、結構言葉を使うことにも驚いた。
「何となくよかった」ではなく、
きちんと読み解くことを、展覧会自体が求めているんだなぁと思いました。

何百枚もある写真のパネルは一見無造作に置かれているようで、
入り口近くは主に白黒のイメージを、奥に向かうほど鮮やかで生命を感じる作品を、
というように、考えられて展開していました。

震災を受けての展示である、とうたっていましたが、
生きることに対しての、根源的な問いかけを会場全体で行っているような気がしました。

「すごくいいよー!」と言えるタイプの展覧会ではありませんでしたが、
とても良い展覧会でした。

それにしても仙台では悪いことできないです。


art | 18:13 | comments(0) | -
20121230
パソコンを買いました。
vaioの調子が悪くなり、家のPCを使わなくなって早半年以上ですが、
やっとさくさく動ける子がきてとてもうれしいです。
念願のmacです!ちょっと大きいけど、ノートにしておいてよかった。外でも使いたいです。

2012年は、大事なものを取り戻そう、という裏テーマのもと、
いろいろと行動した気がします。
入院時に減った体重も幸か不幸か無事元通りになり(しかし顔がたるんできたのは歳のせいなんだろうか。。。)、
ヨガや山登りを通じて体力も少しずつついてきた気がします。
FUJI ROCKとSUMMER SONICをはしごする快挙も成し遂げ、
YUKIさんのライブにも5年ぶりに行け、
興味のある美術の講座にも足を運び、
新しい人と出会う場所にはなるべく顔を出した一年でした。
その反面、自分の中にいろいろな不満が常にあり、
特に秋以降は本当に酷くて今も継続中です。
その問題に対して、どのように対処すべきなのかを今考えている最中で、
やっぱりめんどくさがりを直さないと話は進まないのかも、という結論に達しました。

そんな2012年の自分よ、よくがんばりました、
という意味も込めて(というかただの衝動買い)、
ずっと憧れていたsacaiの洋服を買いました。
そろそろ30歳も近いのでモードファッションを意識したい、と思っている昨今ですが、
sacaiのフェミニンさには頭が下がり、
洋服を見て胸がきゅんきゅんする経験も稀有だ!
と思ったのでカーディガンを買いました。
春夏用なので、私にも少し先の未来があることを思い出させてくれる洋服だと思っています。
父にはあきれられましたが、いいのです。

文章を直すことは仕事ですが、あまり自分で文章を作ることはないので、
反射神経で文字を書きたい気持ちになりました。

元気があったらもう少し、今年見た展覧会の感想なども書きたいです。

2012年心に残った映画・展覧会
・ミッドナイトインパリ
・篠原有司男さんの講演会
・川俣正@越後妻有
・日本の70年代展

色々見たんだけど、ぱっと思い出せないなぁ。
一番面白かった本は「スローターハウス5」です。

日記 | 12:35 | comments(0) | -
20120804
アートとは。

共感であり、反発であり、気付きであり、哲学であり、歴史であり、解釈であり、感覚であり、体験であり、経験であり、時間であり、教養であり、娯楽であり、ある人から見た世界が普遍の価値観を持ちうるものである。

そうゆうものに常に出会いたい。
日記 | 01:10 | comments(0) | -
20120804
共感。

共感する相手を常に探している。
共感する対象を常に欲している。
共感したい半面、共感されたくない。
わかって欲しいけど、わかって欲しくない。


反発。
日記 | 01:05 | comments(0) | -
面白い場所に行く
仕事を始めてから自分のパソコンをほぼ開かなくなり、それにともないブログも書かなくなって早半年くらい。仕事納めたので、何となく書いてみる。

仕事は楽しいと思う。
やっている内容は楽しい。
文章書くのも好きだし、調べたり英語読んだりするのも好きだし、デザイン考えたりできるのもデザイナーとやり取りできるのも有名人にメール出来るのも楽しい。
だから結構ラッキーな方だと思う。

ただ、後何年もこの職場にいるのかと思うと今からこんな事言ってちゃいけないのだけどいないと思っている。
とりあえず、今は編集の基礎を身につけて最低文字組みは1人でちゃんとできるようになる。あと誤植をなくすことが目標で、次のステップに進みたいし、そのためにはそろそろ行動しなければと思っている。
ただ、この手の仕事がそれほど苦にならず出来ると言うのはひとつの発見であるので大事にしたいし、今日デザイナーに発注したときの手ごたえみたいなものは忘れないでおきたい。

次はどこで何するのかなぁとか想像すると楽しいから、妄想に終わらないように行動あるのみだと思う。
会社っていう場所の意味不明さはいつまでたっても意味不明だ。

- | 02:32 | comments(1) | -
joy
Rei Harakami
ミュージックマイン

ハラカミさんの音楽は、人生の景色を少し変えてくれました。
本当にどうもありがとう。

music | 23:46 | comments(0) | -
<< | 2/39PAGES | >>


CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
PROFILE
NEW ENTRY
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
ほんだな
OTHERS
RECOMMEND

SPONSORED LINKS