ノダッコデイズ vol.2

がんばるぞ!
<< list | main | 2014 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
雑記
ポール・オースター「ムーンパレス」を読んだ。
ムーンパレスはNYの嫌な思い出がよみがえる宿の名前でもあったのでちょっとさけていた部分があるが、思い切って本を読んでみたらとても面白かった。と同時に主人公が若すぎるし物語の展開もちょっと引くぐらい偶然が偶然を呼び、主人公が自分で不幸に向かって突き進み、でも最後は前を見つめるぞ、みたいな感じでわっけぇ!!と思いました。多分、どんなことでもそうだけど、特に映画や本や音楽にはその作品が持つメッセージとそれを受信するのに最適な年齢があって、「ムーンパレス」の場合は22歳くらいで読むのがベストなんだろう。少なくとも、29歳で読む本ではないのかも。と思いつつ、仕事では関わりのあったポール・オースターに個人的に出会えたという経験は大切なので心にしまっておく。
構成としては、主人公が好き好んで破滅的な生活へ突き進んで行く第一幕、老人の世話をする第二幕(この間に彼女が出来るんだけど、途中で彼女の存在は完全に忘れられている)、太った大学教授との出会いの第三幕からなる本です。
そして登場人物たちが全て偶然という必然で繋がっている話。特に秀逸なのは、老人の昔話。
ですが。
良い小説なので語るべき点は沢山あるものの、やっぱりこの男たちが若者過ぎてついていけない感じがしました。特に、全員が全員「自分なんて不幸になってしまえ!」という態度でいるのが気に入りません。それでいて人との繋がりを欲しているなんて寂しがりかよ!めんどくせぇ!!と思ってしまいます。
もう少し若かった時は、たとえば映画の「スパニッシュ・アパートメント」のように、自らを混乱の中に置きたい!ありきたりな人生なんて送りたくない!!というロックンロール精神がありましたが、そんな情熱が冷めつつある今、この本の登場人物たちはイタすぎるのです。何をうじうじ悩んでるんだ!!すかっと生きろ!!!と、感想を書いていたら腹が立ってきました。
とはいえ、青春小説としては文句なしの秀作だと思います。
しっかし、主人公を頭の中で映像化すると完全にジェシー・アイゼンバーグ。やっぱり彼はアメリカのちょっと孤独で独りよがりな文学青年に最適なのかしら。

book | 17:27 | comments(0) | -
スポンサーサイト
- | 17:27 | - | -










CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
PROFILE
NEW ENTRY
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
ほんだな
OTHERS
RECOMMEND

SPONSORED LINKS