ノダッコデイズ vol.2

がんばるぞ!
<< Pre-Raphaelite Brotherhood | main | 読んだ本について >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
impressionism
1860年前後よりフランスで起こった美術の運動。
ボードレールの「モデルニテは移ろいやすいもの、消えやすいもの、偶然的なもの…」という有名な言葉があるように、
歴史画や神話画といった「過去」の出来事を描き出すのではなく、
急激に変化し始めていた新しい都市生活に強い関心を示し始める画家が登場する。
こうした点で、クールベのレアリスムやバルビゾン派の描き出す農村風景といった
目の前の風景に光を当てて行く、という流れが繋がる。
ナポレオン3世が指揮を執る第2帝政期にあたる。

マネは1863年に《草上の昼食》《オランピア》を発表。
従来の会が表現では、人物は画面からくっきりと浮かび上がるよう輪郭線を明確にし、筆跡を残さない精緻な描き方をすることがクリシェであったが、
マネは奥行きを感じさせない絵画空間と、のっぺりとした肉付けによって裸婦像を描く。
こうした「理想化」をされていない、生身の人体表現はセンセーショナルであった。

モネは、第2帝政の都市開発によって生じた新しい生活スタイルを
屋外の光あふれる自然の中で描き出す。
その際、瞬時に移り行く時の流れ、光の色を表現するために
筆触分割という手法を用いて着色をする。
また、ものの固有色にとらわれない色彩をちりばめることにより、
モネが描く絵からは、当時彼が実際に見ていた光の色、風のそよぎ、森や草の音や水の揺らぎを感じることが出来る。
1874年、サロンの落選者を集めた「第一回印象派展」に《日の出 印象》を出品。当時最も評価されていたアカデミックな絵画とは全く異なる表現の可能性を打ち立てる。
1880年代以降は「積み荷」などの連作に取りかかり、1890年代からは「睡蓮」の連絡によって絵を描く対象が光と水の反映の中溶け合う様を描く。

最も印象派的と言える画家のルノワールの初期の絵画は、
明るい日差しの中で楽しそうに談笑する人々の姿や、木漏れ日の光に溶け込んでしまうかのような裸婦を目にすることが出来る。
しかし、ものの輪郭をぼやかしてしまうこうした表現方法に疑問を持ったルノワールは、アングルの新古典主義を勉強し、明確な輪郭線や冷たい色彩によって新たな人物像を描き出そうと苦心する。

パリ生まれのドガは、画業の初期にアカデミーで古典主義を徹底的に学ぶ。その結果得られた卓越したデッサン力は、印象派的な主題・表現を試み始めた後にも大きく活かされる。
筆触分割をほとんど用いず、都会の夜の表情を人工的な光の中で生き生きと描き出す。
見たままの瞬間を切り取るという鋭い目線と卓越した画面構成力・デッサン力によって、
ダンサーの一瞬の動き、都会で暮らす人々の刹那の表情を画面の中におさめる。
中期から晩年にかけて、デッサンと着色が同時に可能であるパステルを使用して多くの作品を残す。
1888年のポータブルカメラ発明以降、写真というメディアにいち早く興味を示し、
多重露光などで明暗表現の実験を試みる。

art | 15:03 | comments(0) | -
スポンサーサイト
- | 15:03 | - | -










CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
PROFILE
NEW ENTRY
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
ほんだな
OTHERS
RECOMMEND

SPONSORED LINKS